ほくろ除去で顔の印象を変える

ほくろは母斑細胞といわれる色素をもった細胞が増殖してできたもので、色素性母斑という皮膚の良性細胞で程度の差こそあれ殆どの人にみられるものです。CO2を照射することにより表皮が剥がれ落ち、新しいきれいな肌に生まれ変わります。
ほくろは、他人の心無い視線を感じてしまい、大きなストレスを抱える人も少なくありません。気になるほくろをキレイに取り除くことで、効果的に顔の印象を変化させることができます。 今までと違った人生観を感じるかもしれません。

レーザー治療

一昔前は、ホクロやソバカス・シミなどを除去するには、本格的な切開手術などをおこなっていましたが、近年レーザー治療は目覚ましい勢いで進化をとげ、さまざまな美容医療の治療に使用されるようになりました。
レーザー治療をおこなう事で、患部のみを瞬時に蒸発させ、傷跡も残さず理想的な治療が可能です。ソノクリニックでは、CO2レーザー治療によるホクロ除去・アザ除去、Qスイッチアレキサンドライトレーザーによるシミ・そばかすなどの治療と、症状によりレーザーを使い分け、より効果の高い施術をモットーとしております。

ほくろ除去には健康保険が適用されます

ほくろ除去には、皮膚科でも美容整形外科でも健康保険が適用されます。安い料金でほくろ除去ができるようになりましたので、誰でも気になればいつでも除去できる環境が整いました。

スポンサードリンク



悪性細胞腫

通常黒いが、黒くない「悪性細胞腫」も存在します。今まであった黒いほくろ(ホクロ)の色が、さらに黒くなったり、大きさが増した場合、注意を要します。外科医でも、皮膚科医でも、頭頸外科医でも相談されるとよいでしょう。